30代 介護職
事故態様:原付自転車対自動車
受傷部位:肩関節捻挫
獲得等級:14級9号

センターラインを越えて、被害者に対して、追い抜きをかけた後続車が、対向車が来たことに驚き、急遽、センターライン内に戻り、被害者と衝突。
肩関節捻挫の診断。
肩関節の痛みが長引く様子をみて、当職、MRI撮影をアドバイス。結果、軽い腱板に異常信号がみられた。最終的に、この検査が効き、14級9号を獲得
介護職で肩の痛みが仕事に大きく作用することをアピールし、また、急な、進路変更に対し、こちら回避可能性が無いことを厳しく証明し、過失ゼロでの評価300万円超の和解を成立することができた。
事故直後の相談により、治療の推移を観察することができた結果、後遺障害獲得に向けた証明作業がうまく機能した事案である。